逝去から火葬まで葬儀の流れを知る

父、母、伴侶など、大切な家族が亡くなると悲しんでいる時間もなく、葬儀社に連絡をしてすぐさま葬儀の打ち合わせをしなければなりません。葬儀は亡くなった大切な家族を弔うための大切な儀式です。しかし、死後直後に色々決めなければならないのは、心癒される間もなく大変負担がかかる作業になります。約8割が病院で最期を迎えます。霊安室で安置されている間に葬儀社へ連絡をすると、すぐに寝台車が迎えに来て自宅や斎場などに遺体を搬送してくれます。この際に、死亡診断書がないと運べないので、必ず病院からもらいます。遺体を安置する場所がない場合は、安置室を備えている斎場を選ぶといいでしょう。

遺体を搬送したら、次は葬儀の打ち合わせです。どの斎場で執り行うか、どれほどの規模にするか、祭壇の飾りをどうするかなどを決めていきますが、肝心の予算について明確に応えてくれる会社だとなお安心です。遺族のほとんどが初めての経験だったり、悲しみの最中に冷静な判断ができないことが多くあります。そんな中、提示されるままに同意していたら莫大な金額がかかってしまうこともあります。故人の遺志があるならできるだけ尊重してあげて、また予算の制限があるならあらかじめ伝えておくとスムーズです。

遺族と葬祭担当のディレクターとは何度となく打ち合わせをします。まず最初に行うのが喪主の確認です。必ずしもパートナーや、長男、長女が喪主になることはないのです。火葬までのあらゆる儀式を落ち着いてきちんと執り行うことができる人が喪主にふさわしいといえます。次に宗教や宗派の確認と寺院への連絡です。そして故人の遺志と遺族の要望をしっかり伝えます。葬儀の形式や規模も話しますが、予想会葬者がわからないので、ホールの規模をどうするかが一番頭をかかえるところです。最後に葬儀の一連の儀式を執り行う斎場と日取りを決め、ようやく訃報を知り合い関係に知らせます。

こうして綿密な打ち合わせをして葬儀、通夜、告別式、火葬が行われるわけですが、後からこうすればよかったと思わないためにも、事前に葬儀社を見つけておくとスムーズです。