葬儀は故人を弔うための宗教的な儀式

故人との別れを執り行うときに、通夜や葬儀、告別式という言葉を耳にします。この3つは同じように思いますが、実はそれぞれ全く異なる儀式なのです。

通夜とは本来は故人と生前に親しくしていた友人や仕事関係、近隣の人などが弔問に訪れ、遺族や親族と共に故人を弔う儀式のことを言います。しかし昨今は翌日の平日の葬儀や告別式に参列できない人のお別れの場となっています。また一昔前は蝋燭と線香の灯を絶やすことなく、夜通しで故人を偲んだものですが、昨今は遺族にしても疲れていることもあり短時間で済ます傾向にあります。葬儀とは故人の冥福を祈り、別れを告げるための儀式です。葬儀の儀式とは、日本人の約8割を占める仏式では僧侶が読経を唱えている時のことです。この儀式には死生観や宗教観が大きく関係することから、宗教や宗派によって流れや形式が異なります。

告別式は葬儀と混同されることが多くありますが、葬儀の故人を弔う儀式に対して告別式は、故人と最後のお別れをする儀式になります。本来は告別式の前の葬儀で遺族や親族が故人をお弔いお別れを告げているので、告別式では友人や知人や仕事関係などの会葬者が故人とお別れをする時間となり、最後に一緒にいられる時間と場所になります。昔はこの2つの儀式を別物として行っていましたが、昨今は死会社が、葬儀ならびに告別式という言葉を使うように同時に進行します。すなわち、僧侶の読経が始まると同時に喪主から遺族、親族、友人、知人、会社関係などの焼香も行われます。

無宗教の場合は、宗教的な儀式である葬儀を行いません。告別式や密葬などで済まし、後日、お別れ会といった形式で故人を弔い偲ぶことが多いようです。また昨今は家族葬のような小規模なスタイルの葬儀も多く、儀式が簡略化されて執り行われるケースもあります。大切な人がこの世からいなくなり憔悴しきった精神状態で、たくさんの参列者をもてなすのは苦痛と考える人も多く、家族葬を行う理由が、呼べる人が少ないだけではなくなっているようです。