葬儀にもいろいろな宗教のスタイルがある

日本は信教の自由が認められており、故人を弔うための目的は同じであっても、信仰している宗教によって儀式の呼び名や内容はそれぞれ異なります。葬儀とは本来は家族や親族で静かに弔うためのものを指します。仏教式の場合は、僧侶が読経を唱えている時が葬儀となります。告別式は、この儀式が終わった後の一般の弔問客のお別れ会となりますが、昨今は葬儀の読経中に喪主から遺族、親族、友人などが順に焼香をあげるようになっています。また無宗教で弔いたい人も増えており、そういった場合は葬儀の儀式はなく、終始お別れ会となります。

キリスト教の場合は、カトリックとプロテスタントがありそれぞれが異なります。カトリックの通夜は祭壇に向かって参列者一同が聖歌を斉唱します。その後は神父による聖書の朗読と説教が行われます。最後は参列者全員で献花をします。プロテスタントの場合は、通夜を前夜式と呼びます。讃美歌の斉唱と神父による聖書の朗読や説教、献花などは同じです。翌日はともにミサと言い、神父が柩に聖水をかけ、参列者は黙とうします。

神式では通夜祭と呼びます。式場の明かりは全て消され、神官が遷霊の詩を唱えながら、霊璽を柩にかざします。その後、神官からはじまり、喪主、遺族、親族、友人などが順に玉串を捧げます。これは仏式でいう焼香となります。神式の葬儀・告別式は葬場祭と言います。斎主が参列者を祓い清める儀式を行い、故人の経歴や功績、人柄などを話します。通夜祭と同じように玉串を捧げ、次に告別式と十日祭が行われます。告別式は一般参列者のお別れ会のようなもの、十日祭りは仏式でいう初七日にあたります。

仏式でもそれぞれの宗派によってしきたりがあり、全てが同じではありません。ただ、通夜、葬儀、告別式を2日間で行うのがほとんどで、告別式の後は出棺して火葬場へ、そして納めの式を執り行って全ての葬儀の儀式が終わることになります。また昨今は無宗教のスタイルも多く、音楽葬にしたり、祭壇を華やかに飾ったり、お別れ会で済ませたり、いろいろな葬儀のかたちがあります。